詩の広場

 
 
 
 

もう泣きじゃくるのはやめるから

そろそろ私を幸せにして…



あなたと過ごした日々は

私の人生の10分の1にも満たないけれど

そんなの関係ないくらいの

密度だった


何度そのやさしい声で

私の名前を呼んでくれただろう

嬉しかった


あなたがしてくれたあの約束

もう果たされないままなのね


そのやさしい声も

笑顔もぬくもりも

もう私の元にはこないのでしょ

最後に私のわがままをきいて

もう泣きじゃくるのはやめるから

そろそろ私を幸せにして

勝手に話題BBS
秘密の詩
あいことば
お話の国
しょーせつ
詩との触れ合い
僕らの吹奏楽
単純に日記
みんなへ


パソコンで見てくれているあなただけに。この文字は見えます。
SOSer

いつの間にか 僕は迷子になっていた

恋という名の道を

真っ直ぐ歩いてきたはずだった


だけどいつの間にかなくなっていた

足下を見て始めて気がついた


周りはしらない世界ばかり

これが迷子というのだろうか


ここはどこなんだ?

自分はどこにいるんだ?

誰か助けてくれ


独りで叫ぶ孤独の SOSer

ah ahー


何で現せば伝わるのだろう

この孤独とか 空しさとか

苦しいのは迷子だからじゃない

助けて欲しいのはこの場所からじゃない


独りでいるこの現状からなんだ


ここは独りの世界なんだろ

そこから助けてくれるのは

やっぱりキミなんだろ


だけど…


今はもうキミはいないだろ

だから俺は独りなんだろ

そんなことは知っている


だから


独りで叫ぶ 孤独のSOS を…


ブックマーク|教える
訪問者13461人目
最終更新日 2011/07/03




©フォレストページ