夢小説〜鬼灯の冷徹(LONG)〜


山を超えて谷を超えて国を超えて

転々と廻り続け生き続ける私は彼に、彼等に出会ったのは

偶然でなく運命だと思いたい

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ