short


□#相思相愛
1ページ/1ページ



『なぁ真ちゃん』

休憩中、突然高尾が俺を呼んだ。

『なんだ』


シュート練習を中断してそちらを見ると、高尾は俺に背を向けてベンチに寝転がっていた。

端から見れば別に何ともない光景なのだろうが、俺は高尾の声音一つで、何を求めているのかが分かってしまった。


高尾と所謂 恋人、と呼ばれる関係になってからもうすぐ一月(ひとつき)経つ。

あの頃の俺だったらきっと分からなかったのだろうな、と呑気に考えていると、上体を起こしてこちらを向いた高尾がゆっくりと、言った。


『あのね、真ちゃん、ちゅー、して』




やはり予想通りだ。



しかし、声一つで何を言わんとするのかが分かってしまうなんて。

一体自分はどこまで高尾に染められてしまっているのだろう?



『…あぁ』

望み通り軽く口づけてやると『ありがと』と言ってまたベンチに寝転がってしまった。


高尾は時々、俺からのキスをねだる。
いつもの高尾ならところ構わずしてくる(未遂)のだが、何故だか最近、高尾の様子がおかしいときがあるのだ。

さっきのように突然キスを強請ってきたり、逆に体格差を無視した力で押さえつけ、無理矢理してきたり。
挙げ句、監禁したいとか、首輪付けて飼っていい?だとか、訳の分からないことを言い出す始末だ。


しかもそんなときの高尾は、決まって暗い目をしている。

俺のことをねっとりと絡みつくように見てくる瞳。


そして、そういうときの高尾と目が合うと、にっこりと感情のない瞳を細めて笑うのだ。



正直俺はあの瞳が嫌いだ。
俺を見つめるあの瞳が気持ち悪い。
暗く深い沼のように、はまったら抜け出せないような、そんな瞳が気持ち悪い。

とりあえずああいう状態の高尾には逆らわず従っておこう、と決めているのだ。


理由?



ーーー恐ろしいから、だ。



赤司に言ったらきっと、俺らしくないなと笑うだろう。

けれど、アイツの瞳はそれほどまでに恐ろしいのだ。



『おい、緑間』

いつの間にかシュート練習を再開していた俺に、宮地先輩が声をかけてきた。

『なんですか』
『ちょっとツラ貸せ』

そういって連れてこられたのは部室だった。

『お前、さっきのあれなんなんだ?』
『さっきの?』
『休憩中に…キス、とか』
『宮地先輩には言ってませんでしたっけ?』
『お前等が恋人っつーことは知ってる。
俺が言いたいのはそういうことじゃねぇよ』

じゃあなんだ?

『なにか変なことしましたか?』
『あんな人がいるところでお前からキスするとか、なんつーか…』
『変ですか?』
『変、じゃねぇけどよ…』

そうか、おかしくなったのは高尾だけではなかったのか。

『…いや、いいんです。
自分でもおかしい事なんて分かってますから』

『みど『失礼しまーっす』

『高尾』

その場に似合わない軽い声で入ってきたのは高尾だ。

『高尾、てめぇノックくらいしやが、れ……ッ』


『真ちゃん』



あの宮地先輩が、固まっている。

きっと先輩も″あの瞳″を見てしまったのだろう。





『真ちゃん、ちゅー、して』








『……あぁ』


おかしいのは俺か、高尾か。



(end…)



初投稿がこれでいいのか私。
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ