君は誰のもの?

□君は誰のもの?
1ページ/4ページ

信じられない事が目の前で起きている...

緑「なんなのだよ。こいつ…いきなり空から降っきたぞ黒子。」

黒「動きませんね。僕たちの事は見えていないんでしょうか?」

アナタ「アナタ達って…」

=====

たしか、私は自分の部屋で漫画を読んでいたはず。

…で、その主人公達が目の前に居るね。
…にしても、真ちゃんやっぱデカイなww
…なんて考えてる暇はない!
漫画を読みすぎて狂ったか私!

目をさませ自分!!!

緑「聞こえているのか?返事ぐらいするのだよ。」

アナタ「あ…聞こえてます。」

黒「大丈夫ですか?空から降ってきて動かないので心配しました。」

アナタ「すみません。自分でも何がなんだか…あのー失礼ですが、緑間さんと黒子さんですよね?」

黒「そうですが。なぜ僕らを知っているんですか?」

緑「そうなのだよ。会った覚えはないが。」

アナタ「話すと長くなります…初対面で悪いんですが、力を貸してください!」

黒「…わかりました。僕たちでよければ。」

緑「お前に少し興味があるのだよ。空から降ってきた理由も聞かせてもらうとしよう。」

そう言って彼らは近くの公園で話をしようと言ってくれた。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ