放浪記っ!

□疾風と雪
1ページ/7ページ





逃げるように奥州を後にするのはこれで2度目だ

なんとか気を保って、政宗に手刀を喰らわせて気絶させ
とりあえず服だけを持って温泉を出た


今になって、小十郎に声を掛けてけばよかった……と後悔したが、後の祭りである



「さむっ……」


服だけはなんとか着たものの、まだ髪は濡れたままである


「もう政宗さんのとこなんて絶対行くもんか……あ」

……何か忘れてる気がする


でも服は来ているし、 最低限の苦無やら手裏剣その他暗器もろもろ。


あとは……うーん



「………お金?」


ハッとして、ごそごそと探してみるが見つからない

ああああああ!
うつさんから貰った大切な食費がない!

ここまで来るあいだに落とすなど、そんなヘマ……するはず………



「奥州かぁああああ!!」





次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ