文芸道

□悪役たちの内緒話
1ページ/2ページ


生徒会長からの二度目の呼び出しには、初めて見る男が同伴していた。

「高坂といいます」

男は紳士的な笑みを浮かべて、よろしく、と樹季に手を差し出してきた。


「今度のお願いなんだけどね、高坂と協力して、文化祭をめちゃくちゃにしてほしいんだ」


握手を交わす私たちを見ながら、生徒会長はにこにこにこ、と邪気のない顔でとんでもないことを私に言い放った。


……。


いや、もちろん断りましたとも。


文化祭を潰したところで、私にメリットないし、すんごく俗っぽい理由を言えば、私だって単純に文化祭楽しみたいし。
だが、あの無邪気な顔した悪魔は、そう?と微笑んで言いやがった。



「白木さん、7月に火事騒動があった時、男子寮にお邪魔してたんだってね」

由井てめえあのやろう。

「ま、女子寮にはオートロック掛かってるから仕方ないよね。で、白木さん、その時に協力してくれた人の名前、言える?」


笑顔で人を縛るとは、きっとこんな時に使う言葉なのだろう。
緩くカーブを描く生徒会長の口から、私は目が離せなかった。

「本当は白木さんもその人も、それなりの処置を受けないといけないんだけどね、もし、白木さんが今回のことに協力してくれたら、僕も嬉しくて報告するのを忘れておけるかもしれない」






自分からはその人物の名前を言わないところがいやらしい。



しばらくの無言のあと、私はゆっくりと生徒会長に向かって頷いた。



***



と、いうのが今朝の話。


数時間後、二時間目の休み時間。
休み時間に空き教室に移動して、河内と樹季は適当な椅子に座って向き合った。

呼び出したのは、樹季が高坂のサポートに回ると聞いた河内の方だった。

「何の話かは分かってると思うけど」

そう前置きし、河内は樹季の目を見る。相変わらず、考えの読めない無表情で白木樹季は河内を見返してきた。

「最初に言っておくよ。こちら側へようこそ。協力に感謝する」

「……これはどうもご丁寧に」

慎重に言葉を返してくる樹季に、河内は口元の笑みを深くする。

「あんたがこっち側に付いてくれるとは思ってなかったよ。有難い話ではあるけどさ」

『文化祭を利用した新勢力の結成』、樹季が協力する理由を河内は聞かされていないが、大方生徒会連中に丸め込まれでもしたのだろう。返事は返ってきたがどうも煮え切らない調子だ。

協力はするが、元々仲良くする気も無い。

河内は、樹季の腑に落ちていないような返事には突っ込まないことにして、本題に入る。



「協力関係のよしみで、取引きをしないか?」

「取引き?」

「そう、こんなことをするんだ、多少の乱闘は覚悟しなくちゃならない。勿論あんたもだ」

河内は、椅子に深く座り直し、不遜な態度で樹季を見た。

樹季は困惑する様子も無く、黙って河内の話を聞いている。

「そこでだ。新番長として野郎どもに命じて、この件の間、あんたの身の安全は保障できるようにしてやるよ。条件はひとつ。俺を含めた不良たちと、二度と関わらない

いい条件だろ?と問いかける河内に、そこで樹季は初めて訝しげな表情を向けた。

「理由が気になるか?」
一拍の間の後、樹季が頷く。

河内は椅子から立ち上がり、向かいに座っていた樹季にぐい、と顔を近付けた。
逃げるように樹季が身を引くが、肩を掴んで止める。



次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ