文芸道

□夏休みの食事会
1ページ/6ページ


私は5日前、後輩に夏休みの予定を訊かれた時こう答えた。



実家に帰る、と。



当然ながら、私は帰る旨を新しく買った携帯で母に報告した。



『でも7月8月は母さんも父さんも家にいないけど。今都に呼ばれてるの、言ってなかった?』




初耳です。

話を聞けば、母も父も仕事の都合で家を空けいるらしい。兄は他県の大学だ。




ちなみに実家に私が食べるほどの食料はあるか、尋ねてみると、


『置いとくわけないでしょ、夏は痛むし』


相変わらず鬼だ。


……ごもっともだが、どうしてこう、うちの両親は放任主義が過ぎるというか、子供の都合を考慮してくれないのだろう。

薄っぺらい財布の中身を確認し、肩を落としていると、通話口から、駅構内でよくある、列車の到着を知らせる放送の音が聞こえてきた。

プッ、と電話が切れた。今のは電波だ。




……まあ、携帯電話が無かったとはいえ、帰ることを知らせていなかった私も悪いか。


帰省するのは取りやめだ。電車代が勿体無い。
それより、今のところの問題は今月の生活費だ。

再発行して貰った通帳から下ろせば金はあるけども、あまり通帳に頼りすぎる癖を付けたくないんだよなあ、と私は頭を抱えた。






と、いう経緯があったわけで。






ピリリリリリリリリリリリリリ。



『あ、もしもし後藤だけど、白木、明後日空いてる?こないだの奢るって話だけどさ、明後日に皆で昼飯食いに行かない?』




そんな時にこんな電話があれば、乗らないわけが無い訳で。





***





「後藤、あと一人って誰が来るんだよ」



集まっているメンバーの一人にそう聞かれて、後藤がイタズラを仕掛ける子供のような顔で笑っている。



「来れば分かるって」


「今教えろよ」



そんなやりとりを少し離れた位置で見ていた桶川は、大きく息を吐きだす。

がしがしと頭を掻いて、後藤たちに背を向け歩き出した。





「あ、桶川さん!?」



次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ