文芸道

□発見・3
1ページ/2ページ



話題に困った樹季が目をつけたのは、さっき目に入ったぼろぼろのぬいぐるみだった。




「あれ、彼女さんから貰ったやつですか?」


がたんっ


貰った、の「た」のあたりで桶川がリモコンを落とした。
はずみで飛び出た電池が床を転がる。


「ちが、違う!!断じてそういう浮っついたもんじゃねえ!!」



「ぐっ」



がしいと頭を鷲掴み、ぎりぎりと圧を掛ける桶川に、樹季は瞬時に謝罪の言葉を連呼した。


本人に害を加える気は無かったのだろうが、岩を砕く怪力のアイアンクローは半端なく痛い。




「わ、悪い」


桶川が我に還り、解放していなければあと数秒で落ちていただろう。

痛む頭を振って、樹季は構わない、という意味を込めて桶川に手を挙げて見せた。

樹季が大丈夫そうなのを確認し、桶川が安堵の息を吐く。
そして、確認するようにゆっくりと、先程の樹季の問いに答える。



「あいつは、……あれをくれたモールスは、そんなんじゃねえ」




モールスって名前なんだ。


「そりゃ一緒に遊んだこともあったが、あいつは、なんだ、その」




ふんふん。


「そうだ、漢(おとこ)なんだよ」




うん。




…………。





…………?





!?




次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ