文芸道

□ほんとうにこれでよかったの?
1ページ/3ページ



文化祭当日。




衣装合わせの時と同じように、例の服を着て看板を持つ。午前中は呼び込みの仕事を任された。
『猫カフェ』と書かれたチラシを持って校内を徘徊する。

「そういえば白木さん、この間白木さんの後輩の男の子が教室に来たよ。このクラスに白木って人いますかーって」


看板を持って一緒に呼び込みをしているクラスメイトの言葉に、ぱっと浮かんだのは文芸部の後輩たちだった。普通後輩と言われたら部活の事を考える。


「不良さんだったけどかっこよかったよ」



あ、違うわ。


文芸部の男子は総じてマッチョで強面なので、申し訳ないが印象として『かっこいい』の言葉は出ないだろう。

じゃあ誰だ、と思いながら校内を回っていると、私達の横を見慣れない制服が走り抜けていった。


「あれ、黄山高校だ」


珍しいね、なんて、のんびりとした口調でクラスメイトが言う。








――黄山?

黄山って確か、河内君が喧嘩売ってたって――





ぞくり、と嫌な予感が背中を駆け抜ける。

私は黄山の制服を着た二人組から目を離すことができず、その姿を目で追った。


「白木さん?どうしたの?」


話しかけてくるクラスメイトの手に、持っていたチラシを押し付ける。代わりに、クラスメイトが持っていた看板をひったくって、私は黄山の生徒が走っていった方向に駆けだした。




「え、ちょ、白木さん!?」





後ろで私を呼びとめる声が聞こえる。


聞こえないふりをして、私は走った。





***





文化祭の喧騒から遠い部室棟四階。

そこの窓に腕を乗せ、河内は携帯での電話相手の声に耳を傾けた。


『……まさか、あの桶川が動き出すなんて』


電話の主、高坂の声は電話越しでも分かるほど強張っており、予想外の出来事に動揺していることは明らかだった。




「どうする?やめたいのか?」

『とんでもない、校外を防がれた所で校内の揉め事は消せません』

「そうか――」



大した指揮官様だ、と内心馬鹿にする。



次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ