文芸道

□渦中の中で翻弄されて眠る
1ページ/3ページ



家に帰って丁度風呂から上がったとき、高坂から連絡がきた。




『計画を第二段階に移します。もうメイドたちの接客指導はしないので、先輩は文化祭が終わるまでゆっくりして下さって結構ですよ』



携帯から聞こえる声に、ああそう、と生返事をして私は電話を切った。
よっぽど今日のことについて文句を言おうかと思ったが、今日は疲れていてその気にならなかった。




がしがしと適当に髪を拭いてアパートの畳に寝転がる。

神隠しはもうしないそうなので、携帯にセットしておいた五時五分前のアラームを消した。

このアラームが鳴った時に三人を連れて移動すればよかった、と遅まきながら悔やむ。彼らはなんだかんだで優しいから、一緒に教室に付いてきてくれと頼めば断りはしなかっただろう。


なんて、打算的な事を考えながらごろごろしている内に、体が冷えてきた。

立ち上がって適当なジャージを羽織っている内に、溜息が漏れる。


一人で廊下を歩かないと起こらないはずの神隠し。
目撃者を出さないためだとか、多人数で抵抗されないためだとか、理由は色々あるが、今回は違った。



一人の時に神隠しが起こっていない。


当然だ。私は『協力者』なのだから。


風紀部が「なぜ白木樹季の見ている前で神隠しが起こったのか?」という疑問を持った時、その答えが出るのは早いだろう。



次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ