文芸道2

□気障ったらしい言葉など粉々にして
1ページ/3ページ



こんにちは、白木樹季です。

文化祭も終わり、部活動監査も終わった二学期。


残すは学期末テストだけになった学校行事ですが、まだまだテストまでは一か月あります。

私はハーマイオニーではないので一か月前から勉強はしません。下手すると三日前でもしません。早くやりすぎるとテスト始まる前に内容を忘れる気がする。


そんなわけで、特に忙しい行事もない学校で、比較的まったりした時間を過ごしていた時だった。後藤に話しかけられた。


傍目から見ても分かるほど真剣な調子で――桶川さんの勉強会、手伝ってくれ、と言ってきた。




河内の予想当たった。河内すごい。


「頼むよ」


それは、ただの頼み事のはずだった。

前もって聞かされていたし、私は後藤に了承の返事をしようとした……が。


後藤の肩越しに、珍しく教室に来ていた河内の睨むような視線と目が合う。



河内の無言の圧力に負けて、私は、少し考えさせて、と返事を返した。




次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ