不器用な2人

□側にいる理由
1ページ/5ページ

「やっぱり風呂上りはビールだな」


一人きりの割に珍しくしっかり風呂に入り、少しだけ飲みたくなった。
頭を拭くハズのタオルを首にかけて冷蔵庫を開ける。

トリは仕事で飲みだって言ってたし、この時間で連絡ないし、今日は来ないだろう。


「…ん?」


ビール缶のプルタブを引っ張ると炭酸ガスの抜ける音の他に、何か遠くで物音がした気がした。

まさか、と思うのは前にも一度、酔ったトリが何の前触れもなくウチに来た事があるからだ。

酔ったトリは愚痴でも説教でも良く喋る。


「…やっぱりな」
「吉野、お前……」
「しこたま飲まされやがって…座れよ」


ぐちぐち言われる前に、足元の覚束ないトリをソファに押し込む。
残りを飲んでしまおうとしたら後ろから服の裾を掴まれ、かなりの力で腕の中に引きずりこまれた。


「おい、トリっ…酒臭ぇ、離せったら」
「頭はちゃんと拭け、風邪でも引いたらどうする」

また仕事が遅れて云々…
とぐちぐち言いながらも優しく頭を拭いてくれる。


「なー、酔ってる時まで俺の面倒見なくても…」
「………」


トリも疲れてるだろうに、と気を遣ったつもりなのに、意に反してムッとした顔をされる。





.
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ