不器用な2人

□いたずら心
1ページ/5ページ


「吉野、ネームできてるか?」
「あっ、トリ!」


仕事場に、呼んでもいないのにトリが来てくれた。
しかもちょうどネームが出来上がった所。

顔見れた事も嬉しいし、ジャストタイミングなもんだから、やっぱり何か通じてるのかと、
ちょっと思っちゃったりして。



「うん、言われたとこ、直しといた」
「見せてみろ」


トリのチェックを受けている間、最初はトリの顔色を窺ってたんだけど、何かだんだん見惚れてきちゃった。


「良いだろう、明日には返しに来る」
「う、うん」


あ、そうだ。
いたずら心が湧き上がってくる。


お、俺は女じゃないけど、今回のヒロインみたいにたまには俺から…キス…とかしたら、


羽鳥の鉄壁ポーカーフェイスも崩れるのだろうかと。


仕事中って怒られそうだけど、たまには良いじゃんね。
ネーム帰って来てからはまた暫くご無沙汰になるわけだし。



「夕飯、ちょっと遅くなって良ければ作りに来るが」
「うん、楽しみにしてる」


頑張れ俺、やるなら今だ。



.
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ