自作お題100!

□自作お題、1〜5
2ページ/5ページ

1「太陽」:シル→ゴ

夜空に輝く月は所詮太陽には届かない。

月は孤高の空に置き去りのまま、独り寂しくて。

太陽に触れれば触れる程、想いこがれる。

オマエは俺にとって"光"であり、"太陽"だから。

俺には眩しすぎて、遠い。

夜空に置き去りにされた月は、独りになる他なくて。

「…ゴールド」

愛しい名を、そっと小さく呟く。

太陽のように、眩しいオマエに、俺は触れられない。

手を伸ばせば伸ばす程想い焦がれて、遠のく。

月は太陽を忌み嫌う。

けれどそれはただ、ただ。

「…うらやましい」

だけなんだ。

月は太陽に憧れを抱き、独り、孤独に生きる。

どんなに焦がれ、求めても、渇くだけなのならば。

ーー俺から、離れるだけだ。

「…俺は…」

本当に今更すぎる事。

けれど、溢れるくらいに、"愛しい"。

誰かれ構わず笑う、"太陽"なオマエが大嫌い。

けれど、そんなオマエが、大好きだ。

月と"太陽"は裏表。

オマエ無しでは、俺は生(存在)きれないから。

夜空に舞う星は、満開に、笑っていて。

ーーあぁ、そうか。

今更な事、か。

クク、と小さく笑みが漏れる。
今更、アイツから離れようだなんてできる訳などないのに。

何度でも渇いたって、"愛しい"ものはしょうがない。

オマエが俺に笑いかけてくれるだけで、幸せだから。

柔らかな、夏の夜の風が、少年の燃えるような…赤い髪を撫でた。

涼風が少年の白い肌を優しく撫でる。

ーーきっと、こうして笑えるのも、オマエのおかげだ。

心から溢れる笑みを少年は隠さなかった。

ーー届かなくても、何度でも、君の名を呼ぶんだ。

「シルバーっ!!」

…だって、ほら。

優しく振り返れば。

オマエが俺を、呼んでくれるからーー。
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ