その他、版権

□錆びついたリンゴ
2ページ/8ページ

―艶めいたリンゴに触れた指先は、錆び付いた匂いがした。

自分に向けられた、憎悪に爛々と輝くアメジストの瞳は、既にもう黒く長いカーテンにより、隠されていて。

そのカーテンが開くことは二度とないと知った、凍てついた夜。

僕は、大切で仕方なかった人をこの手で、―終わらせた。
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ