携帯獣

□星空のステージ
2ページ/5ページ

照りつける太陽が天高く登る時刻、ゴールドは岩肌に腰を掛けながら少しばかりブスくれていた。

それは、大事な自慢の前髪が極らなかったとか、大切なクルミちゃんのラジオを聞き逃してしまったとかではない。

要因をチラリと横目で見るも、俺の気持ちを余所に平然といつも通りに笑っていて。

今日が何の日でいかに大事かと知っているはずなのに、何も触れてこない恋人にイラついてしまうのは致し方ないだろう。

それと同時に、堪らなく不安に駈られる。

知らないはずはないわけで、敢えて触れてこないのは、レッドにとってどうでもいいことなのかもしれない。

普段ネガティブになりにくいゴールドとて、恋人が関われば話は別なわけで一抹の不安に駈られる。

力なく見上げた空は予報と違って淀んでいて、暗雲がたちこめていた。


今日の修行を終えて、空も漆黒に染まった頃。

未だに何も触れてこないレッドを一瞥すると、ゴールドは先に就寝しようとテントに足を向けていた。

しかし、無邪気な笑顔と明るい声色に呼び止められそれは叶わず。

「あ、ゴーっ!ちょっと着いてきてくんねっ?」

どこに?と尋ねる間もなく、近づいてきたレッドに腕を取られ、ゴールドは訝しげるも首を縦に振った。

すると、花が綻んだような笑みを浮かべながら、軽快な足取りで今まで行ったことのない道を歩んでいく。

通り道としてしか使っていなかった洞穴に足を踏み入れると、静寂にスニーカーの擦れる音が響いた。

普段は昼にここを通り、一夜を先程の場所で過ごすため、翌日の昼にここを通り下山している。

即ち、夜にここを通ったことはなくて。

当たり前かも知れないが、一条の光もなく閑散としているからか、底知れぬ恐怖が襲って。

若干後込むゴールドを余所に、レッドは懐中電灯をどこからか取りだし明かりを点ける。

少しばかり見渡しがよくなったが、やはり不安は拭いきれないわけで。

思わず繋がる手を強く握った。

すると、レッドは声を立てずに笑い互いの指と指を絡め口を開いた。

「大丈夫だよ、ゴー」

どこに行くかも知らされていないと言うのに、恋人に…大切な人に優しく慰められるだけで安心してしまって。

悔しく思うも、それを嬉しく思う自分もいて…。

よく顔が分からないのをいいことに、口元に笑みを浮かべた。
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ