それは紛れもなく恋でした  
偶然からはじまる必然の一場面(ワンシーン)

遠くに見えたのは 揺れる赤色

不思議な森の奥で見つけた黒い影と

何かが始まる予感、怖くて逃げ出した


「出会い」は終わりに 続くシナリオ

だからわざと 遠回りをした


会いたい、なんて

触れたい、なんて

話したい、なんて

思わない


かよわい君と狡い僕が

「出会う」其れが終わりさ

残酷だって罵ったって

運命は変わらない

ああ どうして、君が?

どうして、僕が?

おおかみと赤ずきん、なんだ


職員室(必読)

( ゚∀゚ノノ゙パチパチパチ(o´ェ`ノノ゙☆パチパチパチパチ



会いたかったんだ

触れたかったんだ

話したかった、ほんとは


かわいい君と 優しい僕が

出会い、結ばれる結末(エンド)


何回だって 何回だって

神様に願ったよ でも…

悲しいくらい、悲しいくらい

おおかみと赤ずきん、なんだ


泣いてる君を慰めたくて 伸ばした腕が、

震える

愛しているよ 抱きしめたいよ だけど

できないんだよ…!


どう足掻いたって

どう願ったって

爪も牙も消えない

だから、ただ待ってるよ

君の涙が止むまで、

あの木の先で

ずっと…

ひとしずくP・やま△さんによる、ボカロ曲
「おおかみは赤ずきんに恋をした」より


ブックマーク|教える

訪問者8706人目


最終更新日 2014/07/23





©フォレストページ