短くいきますか

□べっ、別に好きになったわけじゃないんだからねっ!!
1ページ/1ページ







白「なぁええやろ?」



『絶対嫌や』




白「ほんまにちょっとだけやって…頼むわぁ…!」


『だから嫌やって言っとるやん』



白「そこをなんとか!ほんまに!!」











『しつこいわぁぁぁ!!!!嫌やって言うとるやろ!!誰がホテルなんて行くかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!』





白「ええやんか!痛くはしないでぇ!!!」





『行くわけないやろぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!』





白「意地悪やなぁ…(ーー゛)」






『お前マジウザいんやけど!!お前が買い物行きたいいうからついてきてやったのになんやねんお前ぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!』




白「俺と梨乃の愛を買いにきたんや(ドヤッ)」



『散れ』



白「ええやんかぁ〜」



『ウザい』




白「はぁ…まあしゃーないか…じゃあ服買いに行きたいんやけどええか?」




『…いいよ』



白「はな行くで!!」


白石は梨乃の手を強引に握った





『なっ……//////////』



白「梨乃の手綺麗やなぁ…ずっと触ってたいわ…ハァハァ////////////」




『ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!気持ち悪いよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!』





白「ははっ!冗談やで…!1%はな」



『残りの99%は本気か!気持ち悪っ!!手離せや!!』


白「それは嫌や」



『なんでなん離せや』



白「ほんまはこないなことしたないんやけど…しゃーないなぁ…」




『はっ…?』



白「梨乃…」




ぎゅうっ…!!




白石は梨乃を強く抱きしめた






人通りの多い公園の道端で







『何やってんだぁぁぁぁぁぁぁ!!!はっ離してぇ//////////////』




白「手繋いでてもええんやったら離してもええで」



『やだぁ…離して…////////////////』



白「はいっていうまで離さないで?」




『わかったからぁ!!手繋いでてええからぁ!!離してぇ///////////////』



白「ありがとな」




白石は梨乃を離した。そして、





ちゅう…





梨乃の唇に軽くキスをした





『なぁっ…//////////////////////!!!』





白「照れとる梨乃の顔もめっちゃかわええで(にっこり)」




『死ね変態ぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ////////////////////////!!!!!!!』






ガッ!!!!!




梨乃は白石を殴り飛ばした。






空に舞う白石を見ながら思う


















最後のその笑顔、






反則!レッドカード!!






END

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ