短くいきますか

□RAIN
2ページ/3ページ






〜白石蔵ノ介〜




雨は結構好きや




あの独特の匂いとか





静けさの中にある水音とかが






俺的には好みだったりする








今はこないなこと言えるんやけど





あの日公園で俺は君と出会わなかったら






雨なんて好きにならなっかたと思う






















あの土砂降りの中で君は傘もささずに






一人ポツンと立っていて






頬を伝うのが雨水なのか涙なのかわからなくて






優しくだったかはわからないけど







ぎゅっって抱きしめたんだ














俺はお前が好きなんやで?






お前を泣かせる奴なんか本当は殺してしまいたいぐらいなんや








ただ梨乃が








大好きなだけなんやで







俺じゃあいつの代わりになるかようわからんけど







梨乃を好きっちゅー気持ちは誰にも負けんつもりや









だから少しずつでええ








俺んとこに気持ちが向いたらでええ








浮気相手でも







気晴らしでも







梨乃が幸せになれるんやったら








俺は死んでもええから












END
次へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ