夢の世界へいざ行かん!

□on your mark
1ページ/7ページ


ピロリンとケータイが受信を知らせる。


From 祐希.


「……うっわ、アホ面。」


カコカコ、


「転送〜。」


To 日紗子ちゃん.


要の寝顔チェンメのごとく、です。















「茉咲ちゃん茉咲ちゃん。お化け屋敷行こ。」

文化祭二日目。

お化け屋敷に渋ってた茉咲ちゃんも、春ちゃんの名前を出せばイチコロだった。

春「う〜〜〜暗くてよく見えないよ〜〜。」
悠「はいはい。ちゃんと歩いて大丈夫だから。」

暗闇で悠太兄ぃの後ろをおどおどついて行くのは、春ちゃんと茉咲ちゃん。

「悠太兄ぃ怖いよー。」
「棒読みですけど。」

悠太兄ぃの腕にギュッとしがみついて、頬スリをする。

「悠太兄ぃスキだよー。」
「こんな所で告白されても。オレも好きだよ。」

なんだかんだ言いながらも、よしよしと頭を撫でてくれる悠太兄ぃ。
あー、暗いし心地良いし眠くなってきた。

「こんなとこで寝たらただの死体だよ。」

あれ?エスパー?


「あ、悠太とミュウだ。」

声に振り向けば、

春「わ゛ーっっ祐希くんの生首ーっっ!」

暗闇に浮かんだ祐希の顔が勢い良く近付いてきた。

千「花子さんだぞーっっ!」
要「おいだめだって、こっち逆そ…、」
春「わ゛ーーーっっっ!」

千鶴と要も出てきて更に逃げ惑う春ちゃんは、さぞかし脅かしがいあるだろうな、かわゆす。(要に至っては脅かしてないのに怖がられてる、ぷぷ。)

「それより祐希、」
悠「なんでちゃんちゃんこ着てないの?」
祐「こっちのがより闇と一体化できるかなって。」
「えー、それじゃ鬼○郎じゃないよー。」
祐「ちゃんと着るって。」
「目玉の父さんは?」
祐「家出中。」
悠「なに?茶碗に冷水注いだの?」
祐「ううん、熱湯注いだら真っ赤になって出てった。」
「あちゃー、それ絶対怒ってますって。」
悠「大火傷で病院行っただけじゃない?」

要「つーかお前らどうでもいい話してんじゃねぇよ。」

後ろからお客さんの声がしてきて、早く進めと要に促される。

祐「あー、オレも行くー。」
千「花子も行くーっ。」
要「おめーらはおばけだろが!」

要のツッコミを背に、ぞろぞろとお化けを引き連れて退室するのでした。





.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ