夢の世界へいざ行かん!

□いつかの夏
1ページ/7ページ


コンビニからの帰り道。

「んん。」

前方に見知った人発見。
ただでさえ暑いのに絡めばもっと暑くなりそうだ。

てゆーことで…。


まわれーみぎ。













「あっれぇ!?ミュウじゃーん!」
「…どうも。」

見つかってしまいました。
はい、千鶴くんです。

「ってミュウ!!!!なんっつーカッコしてんのキミは!!?」
「え?」

なんっつーって…、

「部屋着ですけど。」

少し長めのゆるいTシャツに、ジーンズの短パン。
え、フツーだよね?

「ミュウが着ると激エロだって!足長っ!汗も滴るいー女だよ!」
「なにそれ。」

暑さでやられちゃったみたいね。

「てゆーか千鶴、なにしてんの?」

話変えちゃえ。

「ん?オレはたらい回しにされてたとこー。ゆっきーとゆうたんとこ行ってー要っちんとこ行ってー春ちゃんとこ行きましたー。」
「…ヒマなんだね。」
「つーかゆっきーすげえな!ボランティアで人助けしてんだな!」
「…ん?」
「ゆっきー誘いに行ったらさあ、忙しいから遊べないって。残念だけど人助けなら仕方ないよなー。」
「あー…。そうだねえ。」

確かにゆーきはゲームの中で人助け中、かもねえ。

「ミュウはなにしてんだ?」
「私はアイス買ってきたとこー。」

カサリとコンビニの袋を持ち上げる。
中にはアイスが二つ。
ボランティア中のお兄さまたちへ差し入れです。

「アイスかぁーいいなぁー!」
「ん、食べる?」

自分が食べてた棒アイスを差し出すけど。

「えっ!?いやっ!それはやっぱりエロすぎる!」
「ねぇさっきからなに言ってんの?」

なにしてもエロに見えるんかキミは。
思春期真っ盛りすぎでしょう。

「あ!」
「…今度はなんですか。」

一人で十人分騒がしい。

「春ちゃんが今日の夜、祭り行こーって!」

春ちゃん家行った時に誘われたんだろう。
まあ、私は前々からメールきて知ってたけど。
ちなみに悠太兄ぃと祐希にも教えたから知ってるし、要にも春ちゃん連絡したって言ってたから…。
知らなかったのはきっと千鶴だけ、なーんて。
言ったら絶対ブーブー言うから言ーわない。

「あぁ、いいね祭り。行こうか。」
「いよっしゃー!楽しみだなー!ミュウの浴衣!」
「え、着ませんよ?」
「ええ!なんで!」
「なんでって…。暑いし動きにくいし。」
「キミはそれでも女子か!女子が浴衣着なくてどうする!」
「えぇー…」
「オレも着るからさ!一緒に浴衣で行こうぜ!」
「キミこそ女子か。なにその女の子同士みたいな約束。」
「ゆびきりげんまん、うそついたら針千本のーます!ゆびきった!」
「…一方的な約束は無効にはならないんですか。」

勝手に小指を繋げられてぶんぶん振り回された後、ポイッと離された。
なにこの使い捨てみたいな扱い。

「じゃーなー!絶対浴衣着てこいよー!」

見えた千鶴はすでに遠くで手を振っていて。

「はあ…。」

ドロドロのアイスをなんとか食べながら帰路についた。





.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ