幽霊相談事務所

□オンボロ屋敷
1ページ/15ページ


 
あれからどれ程の時が過ぎたのか

分からない



得体の知れない闇から逃げるように。

直感に行方を任せて。

行き手を遮る木々を通り抜けて。



走って、

走って、

走って走って走って


走り続けて……────





気付いたら、此処に居た。

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ