幽霊相談事務所

□兄を探しに…
1ページ/6ページ


 
「お兄ちゃん、おにーちゃーん!」

私は荷物を持ちながら辺りをキョロキョロ見渡す。ザッ、ザッ、ザッ、と草をかき分ける音が辺りに響く。自分の声が反響してくるのも聞こえてくる。

しかし、どんなに見渡してもお兄ちゃんの姿は全く見当たらなかった。


空は黒い雲に覆い尽くされており、今にも泣き出しそうだ。

私も、泣きそうだった。


「お兄ちゃーん……──あっ!」


私は子供のように、ぱぁっと顔を輝かせてサカサカと一本の木に駆け寄る。


「お兄ちゃんみーつけっ! ……あれ?」


期待は直ぐに裏切られた。

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ