幽霊相談事務所

□夏の始まりと出会い
1ページ/16ページ


 
右を見ても木。
左を見ても木。
前を見ても、後ろを見ても木。

とにかく視界いっぱいに広がる木々。

そして緑、緑、とにかく緑。


ギラギラとした太陽が木漏れ日となって優しく降り注ぐ。忙しく鳴いている蝉の鳴き声をBGMに、私は一枚のチラシを握り締めて途方に暮れていた。


(あれ……? 道に迷ったのかなぁ、どうしよう)


心の中で呟いても、それに答えてくれる声は蝉しかいない。


何故、私はこんな自殺スポットのような樹海の中を彷徨いているのか。

事の始まりは一週間前に遡る。

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ