短い夢

おおきな器から、水滴がこぼれ落ちた。

それは、小さくも美しく輝き、一つの別のものになった。


器に戻ることは、もう無いけれど。




_

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ