I'm so not over you

□2.生活
1ページ/6ページ



朝っぱらから…


ほんっとに疲れるな…



『おい、三浦。早く起きないと朝ごはん冷めんぞ。』

「んー…」

『おい。』

「温めれば大丈夫ー…って事で起こすな」

『三浦ぁぁぁあああああああ!!!!!!』

「うわああああああ」

『お前の好きな女がせっかく朝飯作ったんだぞ!?さっさと食いやがれ!!!!!』

「もー、やだなぁ…口悪すぎだろー…」

『うっせぇ!!いいから、さっさと食えってば!!!』

「やだやだああ、臭ーい、変な臭いするー…」

『そうか?結構自信作なんだけどな…』

「臭いがあー」

『ああ、もう!!ほら、口開けろ!!』

そして私は三浦の口をガバッと開けた。

『ほら、食え!!!』

と、思いっきり臭い物体を入れ込んだ


「――っ!!!」

パタッ

あ、た、倒れた

何故だ?

回答はこの3つのうちのどれか

@臭いが爽やかすぎた
A美味しすぎてびっくり
B寿命が延びた


『おい、三浦。演技はやめろ』

シーン

『ああ、美味しすぎて倒れたのか?さすが、私だな♪』

シーン

『…み、うらくーん…?』

シーン


『もう、いいや。』

の言葉をおき、私もその物体を一口。


『――っ。う゛ぉぇ゛』

答え:すべて反対の意味だった。








―ごめん、三浦。私…もう無理だ―




_
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ