I'm so not over you

□4.誘拐…?
1ページ/3ページ

〜三浦視点〜


ったく、んだよ。
男と仲良くしやがって…
俺がこんなにも大好きアピールしてんのにさー…


すると、一件の着信がきた

あ、桜木だ


「――はい。」


『三浦?私だけど。』


あいつの声を聞いたとき胸がきゅんって感じになった


「病院……終わった?」


『うん。今から帰え…きゃっ―――』


プツンッと電話が切れた


「……もしもーし?」


えっ、桜木…っ?
今…きゃって言ってたよな?あ、こけたのかな……


いや、でも嫌な予感がする


「…チッ」



別に俺が助けに行かなくても…いいよな
どうせ、あの男と一緒なんだろうし。


でも、いなかったら…?


もし、知らない奴に犯されてたら…?


そう思った瞬間、背筋がゾワッとした。


助けねぇと。
俺が守ってやんねぇと


けど、どこの病院なんだ…

仕方ねぇ、あいつの荷物見よう。




「待ってろよ、桜木…」





_
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ