戴き物のSS

□冷たい手
1ページ/7ページ


「…もう…こんなことは…やめましょう…」

クリフトが情事の余韻残る部屋で服を着ながら呟いた

「どうして…?わたしが嫌なの…?」

まだ衣服を纏わずシーツにくるまるアリーナが悲しげに反応する

クリフトは伏し目がちになりながら

「違います…」

アリーナはクリフトの腕を掴んだ

「おやめください…もう部屋に戻らないと…皆さんそろそろ起きますから…」

「嫌…どうして?理由を言って!」

クリフトの腕を掴んだままアリーナが語気を強めてる

クリフトはあきらめたように…

「これ以上…繰り返すと私もあなたも壊れます…」

「えっ?」

アリーナがびっくりした声を出した
そしてクリフトはぽつりぽつり本心を話し出した
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ